ニートだけど聖書を読んでみる6

創世記6章22節まで

創世記の人間の寿命がやけに長かったのは神の霊が宿っていたからだそう。

時が経ち、卑しい人間ばかりになった途端神は失望。人体からログアウトし彼らの寿命は120年になった。

 

地上に聞かん子ばかりが溢れ

「そろそろ洪水起こすか」

と神が思い立った矢先、ある従順な人間を見つける。ノアである。

神はノアが気に入ったもんだから洪水から生き残るすべを教える。

これがみんな大好きノアの箱舟。

 

今日はここまで

 

初期の人間は寿命が300〜800とかなりお得な生命を生きてた。

キリストワールドでも初回キャンペーンの概念があったみたい。